感染症予防のために みなと眼科クリニック(別府市)

大分県別府市の眼科 みなと眼科クリニック
大分別府の眼科なら0977-22-2270まで(朝9時~夜6時)
  • 標準
  • 大きく
大分別府の眼科なら0977-22-2270まで(朝9時~夜6時)
みなと眼科クリニックについて
別府眼科みなと眼科(大分県別府市)みなと眼科クリニックについて

感染症予防のために

みなと眼科クリニックでは、感染症が起こったことは一度もありません。

みなと眼科クリニックでは、感染症が起こったことは一度もありません。
「感染症のリスク」という
皆さまの不安を払拭します

みなと眼科クリニックでは、レーシック手術において、感染症が起こったことは一度もありません。
感染症を予防するために、徹底した衛生管理を実施しております。

手術室設備の衛生管理の徹底化のためのガイドライン

眼科医療に対する知識の充実
滅菌された執刀用手袋を着用
執刀用手袋は、一回の手術毎に新しいものに交換
眼に触れるパーツはすべて一眼ごとに交換
すべての手術室へ洗浄器具の設置
使用機器の滅菌処理
オペ室内の環境管理
術中に眼から排出される分泌物のスポンジによる吸収の禁止(開眼器による吸収の徹底)

テレビや雑誌などのメディアにて、屈折矯正手術レーシックをはじめとする手術の感染症問題について報道されていましたが、手術を正しく行えば結膜炎やウイルス感染などが起きることはまずありません。

近年の価格競争激化でコストダウンのため、本来使い捨てにしなければならない刃物を使いまわしてしまったり、手術の基本的な洗浄・消毒などを怠ってしまうとこのようなケースが発生する事があります。

みなと眼科では、洗浄・器具の消毒を徹底して行っておりますので感染症のリスクはありません。

最先端機器に対する知識の充実

最先端機器に対する知識の充実
ISO14644-1「クラス6」
米国連邦規格 USA Fed.Std.209E「クラスM4.5」

みなと眼科クリニックでは感染症対策として、手術室に本格的なクリーンルームを採用しています。
みなと眼科の採用するクリーンルームは、日本国内・大分県内でも最高レベルとなっております。手術室は、高度外科医療にまで対応できるISO 14644-1「クラス6」相当および米国連邦規格209E「クラスM4.5」を満たした医療用クリーンルームとなっております。

  • 2014年1月15日(水)
  • 09:00~12:30 診療
  • 12:30~14:00 往診
  • 14:00~18:00 診療
  • ただいま診察可能です
医療法人 祥成会
みなと眼科クリニック
[休診日]
木曜日、第1・3・5日曜日、祝日
※土曜・第2・4日曜日は
 診療しております

[診療時間] 9:00~18:30
※月・火・水・金曜日は
 18:00までの受付
※土曜日は16:30までの受付で
 17:00までの診療
※第2・4日曜日は
 12:30までの受付
お電話のご相談は
みなと眼科(大分県別府市) 0977-22-2270
〒874-0922
大分県別府市船小路町5-20
国際観光港入口
大分県別府市船小路町へお車でお越しの方へ
クリニック併設の専用駐車場が満車の場合は、別府港駐車場にご駐車ください。
会計時に駐車券ご提示いただくと無料駐車券をお渡しいたします。(第2駐車場が近くて便利です)
このページの上部へ