緑内障の症状と治療について みなと眼科クリニック(大分県別府市)

大分県別府市の眼科 みなと眼科クリニック
大分別府の眼科なら0977-22-2270まで(朝9時~夜6時)
  • 標準
  • 大きく
大分別府の眼科なら0977-22-2270まで(朝9時~夜6時)
診療について
別府眼科みなと眼科(大分県別府市)診療について

緑内障について

緑内障とは?

白内障とは?

目の中には血液の代わりに「房水」と呼ばれる液体が流れています。
この房水の圧力により目の形状は保たれており、この働きを目の圧力、「眼圧」と呼びます。
正常な目の場合、ほぼ一定の眼圧が保たれていますが、何らかの原因により房水が過剰になり、眼圧が上昇し、目と脳をつなぐ視神経に障害を受けることがあります。緑内障の病因の一つにこの「眼圧の上昇」が挙げられます。

緑内障は進行性の眼疾患のため、徐々に視野が狭くなっていき、放置すると失明に至ります。

房水とは?
毛様体でつくられ、シュレム管から排出される液体。通常の臓器と異なり、血液の代わりに栄養を運ぶ働きをします。
緑内障にはいくつかの種類がありますが、大多数を占める「原発緑内障」には、この房水の出口である線維柱帯が目詰まりし、眼圧が上昇する「原発解放隅角緑内障」・隅角が狭くなって塞がり、房水の流れが妨げられ、眼圧が上昇する「原発閉塞隅角緑内障」・眼圧が正常にも関わらず起こる「正常眼圧緑内障」などがあります。

緑内障の症状には、以下のようなものが挙げられます

緑内障の治療
緑内障の症状1
視野の一部に異常
※自覚症状はほぼない
緑内障の治療
緑内障の症状2
視野の欠損が広がり、
見えない範囲が拡大
※もう一方の目で補うため、気づきにくい
緑内障の治療
緑内障の症状3
さらに見えない範囲が拡大
(日常生活に支障)
放置すると失明
緑内障の治療
緑内障の症状4
目の痛み
頭痛
吐き気など

片目のみが緑内障になっている場合、もう一方の目で補ったり、見る角度や目の動きにより、視野の欠損を意識できないため、緑内障は自覚症状が少なく、知らない間に緑内障が進行していきます。
できるだけ早期に緑内障を発見し、治療を開始することが重要です。

緑内障治療の原則

1. 治療の目的は患者の視機能維持
2. 最も確実な治療法は眼圧下降
3. 治療できる原因があれば原因治療
4. 早期発見が大切
5. 必要最小限の薬剤で最大の効果
6. 薬物,レーザー,手術から選択

点眼薬・内服薬による緑内障の治療

点眼薬・内服薬による緑内障の治療

緑内障は、眼圧を低くコントロールし、緑内障の進行を止めることが有効な治療方法の一つとされています。
眼圧を下げるためには、「房水の産生量を減らす」「房水の流れをよくする」ことが必要となります。
まず、1種類の点眼薬を使用し、経過を観察しながら、治療を進めていきます。経過状況により、点眼薬を変更したり、複数種類の点眼薬を併用して治療します。
点眼薬のみで効果が薄い場合には、内服薬を併用し、治療を進めます。

以下のような場合は、緑内障レーザー治療・手術をご検討ください

視野が狭まり、日常生活や仕事に支障をきたしている
体力が衰え始めてきた
※緑内障手術は比較的短時間の手術ですが、一定の時間は上を向いて動かないでいる必要がございます
白内障を合併している方
※緑内障手術後に白内障が進行することが多く、また、白内障手術により眼圧が下がりやすくなるため、両手術を同時に行います
  • 2014年1月15日(水)
  • 09:00~12:30 診療
  • 12:30~14:00 往診
  • 14:00~18:00 診療
  • ただいま診察可能です
医療法人 祥成会
みなと眼科クリニック
[休診日]
木曜日、第1・3・5日曜日、祝日
※土曜・第2・4日曜日は
 診療しております

[診療時間] 9:00~18:30
※月・火・水・金曜日は
 18:00までの受付
※土曜日は16:30までの受付で
 17:00までの診療
※第2・4日曜日は
 12:30までの受付
お電話のご相談は
みなと眼科(大分県別府市) 0977-22-2270
〒874-0922
大分県別府市船小路町5-20
国際観光港入口
大分県別府市船小路町へお車でお越しの方へ
クリニック併設の専用駐車場が満車の場合は、別府港駐車場にご駐車ください。
会計時に駐車券ご提示いただくと無料駐車券をお渡しいたします。(第2駐車場が近くて便利です)
このページの上部へ