子供の遠視(内斜視や弱視)について 大分県別府市の小児眼科

大分県別府市の眼科 みなと眼科クリニック
大分別府の眼科なら0977-22-2270まで(朝9時~夜6時)
  • 標準
  • 大きく
大分別府の眼科なら0977-22-2270まで(朝9時~夜6時)
診療について
別府眼科みなと眼科(大分県別府市)診療について小児眼科・子供の眼科

遠視(内斜視・弱視)の検査・治療

遠視とは?

房水の流れ(健康な目の場合)
正視

通常、ものを見る際には、レンズの役目を果たす「水晶体」が膨らみ、網膜にピントが合います。

レーザー線維柱帯形成術(レーザートラベクロプラスティー)
遠視(屈折異常)

角膜から網膜までの長さ=「眼軸」が短過ぎ、網膜の後ろにピントが合ってしまうため、遠いところが見えません。
また、遠視というと遠くだけが見えにくいと思われがちですが、近いところも調節しないとはっきりと見えません。

もしかしたら、遠視かも?
遠視の場合、学校の視力検査では発見されないのが通常です。子どもは遠視でも水晶体の調整力が強いため、症状が現れにくいためです。
「目が疲れやすい」
「落ち着きがない」
「飽きっぽい」
「時々、見えにくそうにする」

といった症状がお子さまにある場合は、視力がよくても眼科にご相談ください。

遠視のまま、放置しておくと

遠視のまま、放置しておくと

子どもは遠視でも水晶体の調整力が強く、症状が現れにくいため、眼科医でなければ、判別が容易ではありません。 現在は軽度の遠視でも、今後年齢を重ねるにつれて強度の遠視となった場合。以下のような症状が現れます。

集中できず、勉強や仕事の効率が上がらない

遠視の場合、常に目のピント調節を必要とするため、目や身体が疲労しやすく、勉強や仕事に集中することが困難となります。

内斜視や弱視などになりやすい

ものを見るために余分な調節が必要なため、内斜視になりやすいです。
また、小さなお子さまの場合は視力の発達が不十分なため、矯正しないで放置すると、視力の発達が止まり、弱視となります。

斜視とは?

斜視とは?
※右側の目が正常とした場合

ものを見る時に、両方の目は見ている対象物の方向を向きますが、斜視の場合、一方の目が対象物と異なる方向を向きます。

斜視の治療について(原因が遠視の場合)

凸レンズのメガネをかけて、遠視を矯正します。また、場合によっては調節を改善するための点眼薬を使用することもあります。

斜視の治療について(原因が遠視以外の場合)

目の筋肉を調節する手術を行うことがあります。
まれに手術で目の向きを治しても、両眼視(2つの目で見たものを脳に伝える働き)できない場合があり、その場合は両眼視を行うための訓練を行う必要があります。

偽斜視とは
乳児の場合、鼻が低く両目の間隔が広いため、白目の内側が見えず、内斜視のように見えることがあります。このような状態を「偽斜視」と呼びます。鼻の根元が成長するにつれて、正常な位置となります。
ただし、斜視は子どもの約2%にみられる病気のため、心配な場合は眼科を受診ください。

弱視とは?

緑内障手術について

小さなお子さまの視力の発達のためには、ものを見る経験が必要となりますが、遠視や斜視などが原因で視力の発達が抑えられ、止まってしまう場合があります。これを弱視と呼びます。

弱視の治療について

3歳くらいまでに治療を開始できると、治る可能性が高くなります。
遠視が原因の場合は遠視用のメガネをかけます。
その他の原因の場合は「遮蔽法」という弱視の視力増強訓練を行います。
4歳以上になると、視能訓練士による訓練を行います。

家庭で弱視を調べるには
「テレビをいつも前の方で見る」
「目を細めてものを見る」
「いつも頭を傾けてものを見る」

などの見えにくそうにしていないか、注意してみてください。
また、片方の目だけが弱視の場合は、よい方の目で補っているため、気づかないことが多いので、片目を隠してカレンダーや時計を見せてみてください。

お子さまの目の健康管理を大切に

勉強や読書の際は正しい姿勢で、本やノートを30cm程度離しましょう
読書やゲームで長時間目を使ったら、目を休ませましょう
照明は明る過ぎず、暗過ぎない適切な明るさのものを使いましょう
目に負担をかけず、運動や散歩など遠くを見る習慣をつけましょう
緑黄色野菜など栄養バランスを考えた食生活を送りましょう
  • 2014年1月15日(水)
  • 09:00~12:30 診療
  • 12:30~14:00 往診
  • 14:00~18:00 診療
  • ただいま診察可能です
医療法人 祥成会
みなと眼科クリニック
[休診日]
木曜日、第1・3・5日曜日、祝日
※土曜・第2・4日曜日は
 診療しております

[診療時間] 9:00~18:30
※月・火・水・金曜日は
 18:00までの受付
※土曜日は16:30までの受付で
 17:00までの診療
※第2・4日曜日は
 12:30までの受付
お電話のご相談は
みなと眼科(大分県別府市) 0977-22-2270
〒874-0922
大分県別府市船小路町5-20
国際観光港入口
大分県別府市船小路町へお車でお越しの方へ
クリニック併設の専用駐車場が満車の場合は、別府港駐車場にご駐車ください。
会計時に駐車券ご提示いただくと無料駐車券をお渡しいたします。(第2駐車場が近くて便利です)
このページの上部へ