大分で遠視(内斜視や弱視)の診療 みなと眼科クリニック 大分

大分別府の眼科なら0977-22-2270まで(朝9時~夜6時)

文字の大きさを変える

  • 標準
  • 大きく
大分別府の眼科なら0977-22-2270まで(朝9時~夜6時)
診療について

大分で遠視(内斜視や弱視)の診療 みなと眼科クリニック 大分

加齢黄斑変性について
別府眼科みなと眼科(大分県別府市)診療について老眼・加齢とともに起きる目の病い

加齢黄斑変性について

院長からご挨拶
診療について
設備のご紹介
みなと眼科クリニックについて

加齢黄斑変性とは?

房水の流れ(健康な目の場合)

網膜の中で最も重要な部分が「黄斑」です。
黄斑は視力に最も関わりが深い箇所で、色を識別するための細胞のほとんどが、この黄斑に集中しています。
加齢黄斑変性は、黄斑の加齢に伴う変化により起こる疾患です。
高齢者の失明原因の一つに挙げられます。

加齢黄斑変性の症状には、
以下のようなものが挙げられます

加齢黄斑変性の症状1
加齢黄斑変性の症状1
ものがゆがんで見える
(変視症)
加齢黄斑変性の症状2
加齢黄斑変性の症状2
中心が欠けて見える
(中心暗点)
加齢黄斑変性の症状3
加齢黄斑変性の症状3
はっきりと見えない
(視力の低下)

加齢黄斑変性の治療・手術

遠視のまま、放置しておくと

黄斑の加齢による変化が強く現れると、網膜色素上皮細胞が委縮し、網膜色素上皮細胞とブルッフ膜の間に老廃物が溜まります。
さらに、網膜に栄養を送っている脈絡膜からブルッフ膜を通り、網膜色素上皮細胞の下や上に伸びる血管を「脈絡膜新生血管」と呼びます。
この血管は正常な血管ではないため、血液成分が漏れやすく、破れて出血を起こしてしまいます。

光線力学的療法
(PTD:Photodynamic therapy)

脈絡膜新生血管に到達させた光に反応する薬剤をレーザーで照射し、脈絡膜新生血管を閉塞させる治療方法です。

抗VEGF療法

抗VEGF抗体を眼球の中の硝子体(しょうしたい)という場所に注射する方法です。
みなと眼科クリニックでは、薬剤として「ルセンティス」「アエリア」を使用しています。

  • 2024年7月16日
  • ただいまデータ取得中です
医療法人 祥成会
みなと眼科クリニック
[休診日]
木曜日、第1・3・5日曜日、祝日
※土曜・第2・4日曜日は
 診療しております

[診療時間]
<月・火・水・金曜日の診療>
09:00~12:30
14:00~18:30
※受付は30分前まで

土曜日の診療>
09:00~12:30
14:00~17:00
※受付は30分前まで

第2・4日曜日の診療>
09:00~13:00
※受付は30分前まで

お電話のご相談は
みなと眼科(大分県別府市) 0977-22-2270
〒874-0922
大分県別府市船小路町5-20
国際観光港入口
お車でお越しの方へ
クリニック併設の専用駐車場が満車の場合は、別府港駐車場にご駐車ください。
会計時に駐車券ご提示いただくと無料駐車券をお渡しいたします。(第2駐車場が近くて便利です)
WEB 予約をする
みなと眼科サイトページの上部へ